今日で夏休み終わりですね。

春先から体調不良のため、活動が滞っていました。 まだまだ本調子ではありませんが、夏休みの間にゆっくり休養を取りエネルギーも充電されました。 


 本日は市のコミュニティースクールの研修会が有りました。 そこで教育長の話の中に面白い例えが有りました。 


 「パソコンでWordを覚える時一つ一つ基礎から積み上げるより、年賀状を書きながら作業を覚えるほうが、楽しみながら作業を覚えることができる。 文字の打ち方や罫線の引き方ばかり繰り返してもつまらないですよね。 勉強も同じで、難易度を上げてその中で計算問題を解いたりしたほうが楽しく勉強できる。」

 まさにどんぐりの文章問題がそういうことになりますよね。 


 新しい情報も仕入れてきたので、またちょっと気合い入れてなおして、子どもたちと向かい合おうと思います。

F&T教室

お絵かき算数教室 かんがえる子どもを育てる教室 糸山泰造先生考案『どんぐり倶楽部」の教材を使った算数教室

0コメント

  • 1000 / 1000